2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

西柴夜話

3月の西柴夜話の様子です

フルートの美しい音色に聞き惚れた3月の西柴夜話


Cimg5177

3月13日、さくらカフェで、岡田敏子さん、齊間迪夫、矢野久子さん

3名によるフルート合奏が行われました。



Cimg5179


Cimg5181

皆さん、フルートとのつきあいは長く、20年~40年に及ぶそうです。



Cimg5197


この日は、あいにくの天気で、夜になるとますます風雨が強くなるとの天気予報で、キャンセルの申し出も多かったのですが、30名以上の方が集まり一気に音楽会の雰囲気になりました。



Cimg5214


フルートの伴奏で、「ふるさと」「上を向いて歩こうよ」「アンパンマンの歌」などを参加者一同で歌いました。

帰るころは、風雨もおさまり、楽しい気分で家路に向かいました。



岡田さん、齊間さん、矢野さん 

本当にありがとうございました。

1月の西柴夜話

 福島の言葉で語る福島の民話

語り手は福島でお生まれの柳川 祐子さんです。

1月16日にカフェで行いました。

 

Cimg4980



 大勢の方が集まりました。

 

Cimg4986



 語り手の柳川 祐子さんです。

 優しい語り口で皆さんお話に引き込まれました。

 

Cimg4990


Cimg4991



「カニのふんどし」「三途のはなし」など、思わず吹き出したくなるような

楽しいお話でした。

 

方言って懐かしい温かい言葉でいいなと思いました。

さくら茶屋寄席

9月の西柴夜話では、昨年に引き続き第2回の落語会です・
今回は真打ち登場!

Cimg4014
今、期待の星
 春風亭 勢朝師匠です。

Cimg4020


Cimg4025
 9月1日にオープンしたさくらカフェで行いました。
 約60人の人々が集まりました。
 勢朝師匠の、楽しいお話に、皆さん大笑いしました。

Cimg4035

 誰もが思いきり笑った楽しいさくら茶屋寄席でした。
 笑いていいなあ!落語はたのしいなあ!
 2時間があっという間に過ぎました。

 また、やって欲しいという声もたくさん頂きました。       

6月の西柴夜話の報告です

6月13日のさくら茶屋の「西柴夜話」は熟年男性合唱団、「ダックスフント」によるコンサートでした。

Cimg3145


金沢区周辺の方々が集って活動している男性合唱団ですが、女性もまじえた混声合唱団「虹の会」のメンバーです。

発足以来30年の歴史をもち、毎月第2と第4木曜日の午後は「長浜ホール」において、また金沢区の「天使幼稚園」などでも練習を重ね、独自の演奏会も開いているといいます。

Cimg3170


 今回は日本の原風景メドレー、日本の流行歌、懐かしのスタンダードナンバー10曲を披露していただきました。
 黒で統一された衣装、男性12名の迫力あるコーラス、みなさんお馴染みの選曲だけに、参加者みんなが顔や手、足などで拍子をとりながら聞き入っていました。

Cimg3251


 トークでは、結成のいきさつから、年齢や経歴、入団の条件などにまで質問がおよびました。平均j年齢は74歳、年齢は上がってきましたが、いまだに向上心は衰えないといいます。

Cimg3288
「この年で活動できるのは夢のよう、まだまだあと10年は続ける」との決意まで語られました。

Cimg3337
 「もっともっとメンバーを増やしたい、どなたも大歓迎」と呼びかけがあり、それに応えて歌うことが大好きな方々が飛び入りで合唱、最後は全員で「夏の思い出」を大合唱いたしました。

Cimg3363
 ちょっとお酒も入って気持ちも高まり、あっという間の二時間、楽しいひと時でした。

尚、混声合唱団「虹の会」のホームページがあります。「ダックスフント 合唱団」で検索するとヒットします。一度ご覧下さい。です。

5月の西柴夜話の報告です

5月の西柴夜話は、
     母の生き方を語る  太宰治の娘の太田治子さんです。

_jpg_9
とても素敵な方で、皆さんお話に聞き入りました。

_jpg_8
太田治子さんのような方をなかなかお呼び出来ないのですが、南雲さんの尽力でお呼びすることが出来ました。ありがとうございます。
始めに南雲さんから太田治子さんの著書の紹介をしていただきました。

_jpg_10
生憎の悪天候だったのですが、63名の方が聞きにいらっしゃいました。

太田治子さんのお母さんは、太宰治の死後、7ヶ月の治子さんを育てながらシングルマザーとしての道を歩かれました。
今もシングルマザーは厳しいと思いますが、今から約30年以上前のシングルマザーの生活は厳しかったと思います。

ヨイトマケの世界だと語られていました。
_jpg_11
治子さんは、母の姿を見ながら大きくなり、お父さんの血を受けつながれて作家になられたのかと思いました。
治子さんの本を読んで見たくなった西柴夜話でした。
夜話で煮物を料理として出したのですが「美味しい、美味しい」といわれ召し上がっていただき嬉しかったです。
おみやげにも差し上げました。
本は書けないが煮物は出来ると思いました。

さくら茶屋ですもの(笑い)

1月の西柴夜話の報告です

2013年 お正月
1月の西柴夜話は、新年にふさわしく民謡で幕開けをしました。

Cimg1238

民謡のプロ歌手 阿部きみえさんをお迎えしました。
素晴らしい歌声が自治会館に響き渡りました。

Cimg1239

尺八との音合わせもバッチリです。尚尺八演奏者は阿部さんのお父さんです。


お客様も多く皆さん手拍子を打ったり、合いの手を入れたりして盛り上がりました。

Cimg1261
お客様も飛び入りで参加して、得意の民謡を披露しました。

Cimg1262
三味線は、東久邇宮記念賞受賞の藤代富士穂さんです。
津軽三味線の名手で独奏に皆さん、聞き惚れました。

今年もいい一年にしたいと思った西柴夜話でした。

第28回西柴夜話報告です

西柴夜話も会を重ねて28回目です。
12月は
*冬の夜をシャンソンで*
男性歌手 秋山芳正さんの登場です。
Cimg1039_2

秋山芳正さんです。
シャンソンは70歳から始められたとか
とても格好いいジェントルマンです!

Cimg1041

たくさんのシャンソンの名曲を楽しいトークを
交えながら歌って下さいました。

Cimg1047

西柴夜話が始まって以来最大の65名の参加者で自治会館が
狭く感じられました。

Cimg1049
皆さん、ちょっと早いクリスマス気分を味わいました。
身近での音楽会、心豊かな時間を持つことが出来ました。

さくら茶屋のコマーシャル
秋山さんがトークの中で、西柴団地におうちを買った時の苦労話を
され、本当に西柴団地に住んで良かったという話の中に、「さくら茶屋が
ある」ことも良かったことの一つとして上げて下さり嬉しい気分になりました。

さくら茶屋で寄席しちゃいました

7月の西柴夜話は「第一回さくら茶屋寄席」でした。

若手咄家のなかで人気、実力抜群の落語協会所属、春風亭朝也さんの登場です。

Photo
NHK日曜バラエティーにレギュラー出演の朝也さん。

「人間観察は面白い、特に年寄り」と言って世間話でいくつが笑いをとりながら、落語本編二席を小一時間演じていただきました。

Photo_2
その後は、朝也さんとのコミュニケーション、落語家になったきっかけは? 落語一門の構図は? お年は?

Photo_3
話は尽きず、あっという間の2時間。

Photo_4


「若いのにお話が上手ね」「声が良く通って、素敵だね」「面白かった」というのが参加者の感想、「またお呼びしたいわね」がスタッフの感想。今後のご活躍を期待しています。

Photo_5

8月25日長浜ホールで10時~「長浜早朝寄席」があり朝也さんが出演します。前売券ご希望の方は「さくら茶屋」までお問い合わせ下さい。045-516-8560(前売り券1500円)

5月の西柴夜話~スタッフからの報告です~

5月の西柴夜話の模様を振り返ります。

5月の西柴夜話は、カルテットによる歌と演奏で盛り上がりました。

ギター演奏はカーク・スチュワートさん、ジェイミィ・スチュワートさんの親子共演です。

11051 カーク・スチュワートさんはオリジナル曲も披露。

シンガーソングライターとして異色の才能を発揮。皆さん大注目です。

11051_2 キーボードはさくら茶屋初登場。

奏者は磯子区在住の著名な渡辺さん。

11051_3 ヴォーカルは藤原さん。テネシーワルツを熱唱してくれました。

茶屋内の熱気は最高潮です。

11051_4

ジェイミィ・スチュワートさんの初舞台を祝して、藤原さんから花束贈呈。ジョンレノンのイマジンも披露されました。

11051_5

雨天の中でしたが、31名がご参加いただき、会場は大いに盛り上がりました。

3月3日の西柴夜話

3月3日ひな祭りの日ですが、さくら茶屋には多くの男性が集まりました。

今日は、西柴夜話の日。

お題は、「日本の良さと世界から学ぶことの大切さ」。

外資系世界企業と日本企業を両方経験した貴重な経験談です。

話し手は、上田さん(西柴団地自治会会長)です。

Img_3959                    夜話風景

ニューヨークでの集中的なディベートの体験談や、長期的に人を育て、職能主義を徹底する企業文化の話など、皆な熱心に聞き入りました。

日本企業の良さは、TQC(全社的品質管理)で、チームワークは今でも十分優れているとお話されました。

Img_3964    

談話の後は、お酒を片手に話が弾みます。

締めには、地元で育った青木さん(金沢東部地区連合町内会会長)と、脇谷さん(同連合事務局長)がごあいさつ。

「昔はタヌキぐらいしかいなかった西柴で、楽しく話が聞けて良かった。」とお話されていました。

31人が楽しく集った夜話でした。