2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

報告

真夏日に名越切通ウォーキング

全国観測点の半数近い404地点で30度以上の真夏日となった61日、名越切通ウォーキングにでかけました。金沢文庫から電車・バスを乗り継ぎ亀ヶ岡団地口へ。

2

Photo_4

名越切通は鎌倉と三浦方面とを結ぶ陸路として重要な役割を果たしたところで、鎌倉幕府が敵の侵入を防ぐために造ったといわれています。やっと一人が通り抜けられるような幅ですが、新たな切通しも発見されていることから、切通の道筋や構造は時代とともに移り変わっているようです。

2_2

Photo_6

途中、崖に四角い横穴を掘り、内部に石塔を建てるなどして納骨・供養する「まんだら堂やぐら群」があります。ここは公開期間が限定されていて、初夏は4月下旬から6月初旬の土日祝日、この次は10月下旬からのよう。逗子市の文化財保護係のかたのガイドがつきます。

2_3

2_4


 逗子の海岸が見渡せる展望台を過ぎると、連続した断崖の大切岸が800m以上続いています。敵の侵入を防ぐ人工的な崖といわれてきましたが、建物基礎や溝の護岸などのつかう石材の石切り場とも確認されており、さらに研究が進められているようです。

2_5


2_6

 

朝の10時出発から3時間あまりたって、逗子駅まで降りてきました。途中「鎌倉パスタ」で食事を取り、この日は早めの解散となりました。

Photo_7


Photo_8


日本橋の七福神めぐり

2014年ポールウォーキング年初めは、日本橋の七福神めぐりです。総勢27人、ここの七福神めぐり経験者は1名、地図を頼りに都営浅草線の人形町駅を出発しました。

Cimg4919_2

まず最初は福禄寿・辦財天の小網神社、ビルが立ち並ぶため容易には探せず、なかなかたどり着きません。

街中にひらめく神社ののぼりを頼りに一生懸命探します。郊外の神社を見慣れている私たちにとってビルの谷間にはさまれた鳥居より、神社に参拝する人だかりを先に発見、

Cimg4922_1_2
神社前に並んでまずは記念撮影です。

日本橋の七福神は相当に人気があるようで、お参りには4~50人が列を連ねていましたのでその後に並ぶ形となります。時間との関係もあるため、皆さんと相談しお参りについては断念、鳥居前に整列し全員で手を合わせ、お賽銭は空いた所でということで次に向いました。

Cimg4933

次は布袋尊の茶の木神社、ここは比較的空いてたため全員がお参りできました。都会で27人の行動というのは大変です。全員の点呼をところところで取らなければなりません。

Cimg4936_1
そこでここからは一部分散してお参りとなりました。松島神社、末広神社、東京水天宮とまわってきたら、もうお昼過ぎ、そこから一日電車バス乗り放題の「東京1DAYきっぷ」で月島にむかい、「もんじゃ焼き」での昼食会となりました。

Cimg4939_2

その後については、報告が長くなりますので今回は省略させていただきますが、京急金沢文庫駅から東京にて電車・バスに乗って、昼食は「もんじゃ焼き」の豪華版つき、それで費用はお賽銭を除いて3000円弱、丸一日楽しみました。

毎年、お正月にというリクエストもあり恒例になりそうな各地の七福神めぐり、この次は皆さんも参加してみませんか。

つながり開通式

さくら茶屋にししばとコミュニティサロンほっこりは、金沢区民活動センター(ゆめかもん)と提携し

「地域の居場所づくり」「地域交流に関するアドバイス」「地域の情報発信」「地域でのイベント」を通じて、

皆さんの活動をサポートし、地域の交流の輪を広げるためにつながりステーションとして活動していくことになりました。

そのオープニングとして、つながり開通式が、10月1日(火)に行われました。
コミニュティサロンほっこりで、開通式を行った後、3時30分からさくら茶屋で行いました。

Cimg4167

始めに、金沢シンホォニカの皆さんによる「金沢のうた 金沢の四季」のオープニング演奏ではじまりました。

Cimg4169
林琢己金沢区長とNPO法人さくら茶屋理事長が開通宣言に署名をしました。
              
Cimg4173
お互いに協力して金沢区をさらに活気ある街にしていきたいと決意を新たにしました。

Cimg4178

金沢区長は、連携を密にして、人のつながりを広げ、皆さんの様々な願いが実現出来るようにしていきたいと話されました。

Cimg4179
岡本理事長は、「西柴団地は坂の上にある。何か困ったことがあったらどうぞ私たちを利用して下さい。」と語りました。

まだ、どんなことが出来るか、未知の部分もあるのですが、一つ一つ事例を積み重ねて、つながりステーションを発展させていきたいと思いました。

オープニングセレモニーNO2

Cimg3786

 西柴ショッピングセンターからお祝いのお花を頂きました。

Cimg4377


 スタッフは、9時に集合して、パーティのための準備をしました。


Cimg3880

 さくらくカフェは、子どものために落書き黒板を設置しました。
 中田さんが落書き黒板の説明をし、子どもたちがはじめてかいた絵を披露しました。
 これから、どんどん使ってね。
Cimg3915_2



Cimg3883
 大勢の皆さんとさくらカフェの誕生をお祝いしました。
 暑い中、子どもも含めて100名近くの方が集まって下さり嬉しかったです。
 本当にありがとうございました。

Cimg3958

  スタッフ全員で乾杯
 いい1日でした。

さくらカフェオープニングセレモニー NO1

9月1日、NPO法人さくら茶屋の第2店舗 さくらカフェのオープニングセレモニーが行われました。Cimg4378

さくらカフェの看板です。

Cimg3792



子どもたちが、さくらカフェの誕生を祝って絵をガラスの壁面にいっぱい描きました。
伸び伸びとした子どもの絵 いいですね。

Cimg3802



11時の『オープニングセレモニーにあわせて、暑い中たくさんの方にお集まりいただきました。

Cimg3820

岡本理事長のあいさつです。
商店街の活性化と多世代間の交流を強く訴えました。

Cimg3826

Cimg3830

さくらカフェの命名者に商店街の商品券がプレゼントされました。
20名27店の応募があり、その中で江口恭子さんと水曜日調理スタッフ提案のさくらカフェが選出されました。

Cimg3839_3
金沢区長林氏のあいさつです。

コミニュティカフェで第2店舗まで出すのは、珍しい。本当に素晴らしいこと、これからの発展を期待していると言う言葉とともに、「かなざわ育ナビ.net」の紹介がありました。

子育て中のママにとっては、朗報です。
Cimg3842
自治会長 上田様より一言

昨日の花火大会、そして今日のさくらカフェのオープンと嬉しいことが二つ、地域の活性化のためのに期待していると話されました。

Cimg3844
商店街の伊東さんよりお祝いの言葉

さくら茶屋さんが商店街のシャッターを開けてくれて嬉しい。商店街としてもがんばっっていきたいと決意を語られました。

Cimg3848
若いママの代表として平林さんが「放課後の子どもの居場所が出来て嬉しい。自分としても協力出来ることは率先して協力していきたい」と嬉しい言葉を頂きました。

大成功 バザー 89,240円の売上げ

ありがとうございました。

NPO法人さくら茶屋は、
現在のさくら茶屋では、せまくゆっくり出来ないなどの声に応えて
第2店舗をオープンすることにしました。
第2店舗では、「子どもからお年寄りまでが多世代が集まるお店」をコンセプトに9月1日にオープンしました。

オープンするといっても、一番の問題は資金です。
運営資金調達を兼ねたバザーを8月24日~26日に行いました。

Cimg4371


Cimg4373

地域の皆さんのご協力で多くの品物が集まりました。
素敵な食器がたくさん出ました。

Cimg4374

いらなくなったおもちゃや洋服などもたくさん寄贈していただきました。「これ、うちの子にいいかなあ」
Cimg4375

「わあ、この洋服安い。たったの300円よ」
「あなたに似合うわよ!」
「買いなさいよ、元値は10,000円よ。お買い得よ」
など、賑やかです。
多くの皆さんがバザーを楽しみました。

バザーってリサイクルにもいいなあ!さくら茶屋主催で、年に2回ぐらいやったらいいかもと感じたバザーでした。

「横浜・人・まち・デザイン賞」受賞!

さくら茶屋」の活動が横浜市において評価され、第6回「横浜・人・まち・デザイン賞」の「地域まちづくり部門」で表彰されました。

2 この賞は、地域まちづくりを推進している活動を表彰する「地域まちづくり部門」と、優れた景観をかたちづくっている「まちなみや建築等」を表彰する「まちなみ景観部門」の2部門があります。

自薦・他薦を問わず広く市民の皆さんから推薦された事例の中から優れたものを2年に一度表彰するものです。

「さくら茶屋」からは副理事長の瀬川さんと飯田さんが授賞式に参加しました。その表彰風景です。

Photo

2_2

 
活動概要と表彰理由を紹介します。

( 活動概要 )

 シャッター化が進んでいた商店街の空き店舗を活用して、住民が世代を超えて交流できる地域の拠点としてコミュニティカフェをつくりました。

地域の方々のまちの活性化を望む声に応えてきた努力が多くの人の支持を得て、今では応援されるまでになり、ボランティアスタッフも毎日「楽しく」活動しています。

Photo_2

( 表彰理由 )

 2009年度に「ヨコハマ市民まち普請事業」に応募し採択され、2010年5月にさくら茶屋をオープンした地域の団結力やその後の継続力を評価する。

西柴団地のように昭和40~50年代に開発され少子高齢化が進行している住宅地において、拠点をつくり、地域で運営していくことは、コミュニティの維持・活性化の一つのモデルであり、広く知られる価値がある。

食事や惣菜、広報誌やブログなど、ていねいで真摯な取組みを継続し、より活動の広がりができることを期待する。

2_3

秦 万里子西柴ショッピングセンターに来る!

tvk「ありがとッ」の人気コーナー
「秦 万里子の半径5メートルをもっと明るく♪」
のロケが4月6日(土)2時過ぎから行われました。

その時のロケ風景です。

さくら茶屋は丁度、月1回の鎌倉彫りの教室の日でした。

_jpg

田中先生を中心に6名の生徒さんが熱心に取り組んでいました。
秦さんの感想「あたたかくて優しい居場所があっていいですね。」

_jpg_2 3_jpg
秦さんはお蕎麦やの、寿徳庵さんからケーキ専門店のシャーロンまで順次訪ねてそのお店お店の特徴を織り込んで「西柴諸ピングセンターの歌」を即興生演奏をして下さいました。

_jpg_3
悪天候でしたが、大勢の方が集まり楽しみました。
温かい眼差しでの歌詞が素晴らしくメロディーととも歌われ皆さん手拍子であわせました。

tvk4月11日(木)13時15頃から放送されました。

秦さんと岡本さんが挨拶で頭が当たった迷シーンもありましたね。

西柴商店街の特徴をもれなく紹介していただきました。

折り紙教室の報告

さくら茶屋のホットサロンでは、毎月2回折り紙教室を開催しています。
認知症予防のためには、手先を使うこと、楽しくおしゃべりをすることなどがとても効果的なんですね。
毎回十名以上の参加者で、大賑わいです。

_jpg

折り紙の先生、菅沼さんです。菅沼さんは何でも出来ます。
創作折り紙も簡単!本当に素晴らしい先生です。

_jpg_2

今日の折り紙は36枚の折り紙をつなぎ合わせた丸い飾り物です。

_jpg_3

この組み合わせ方が難しい。少しでもずれるときれいな形になりません。

_jpg_4

先生一人では大変、みんなで教え合っています。

_jpg2

出来上がりました。!
2時間近い時間があっという間に流れました。

折り紙教室は、昨年は19回実施しのべ200人以上の方が参加し楽しい時間を持ちました。

2月の西柴夜話の報告です。

西柴夜話も30回を迎えました。

89歳の横山さんをお迎えしました。

_jpg

横山さんは、川合玉堂別邸(二松庵)で長年、ボランティアとして
活動されています。

_jpg_2


とても寒い日でしたが、さくら茶屋には、30名近い方が集まり横山さんの話に聞き入りました。

_jpg_3
姿勢も良く、お話も明瞭で川合玉堂についてよく分かりました。
二松庵にもいってみたくなりました。

_jpg_4

講演者と聴衆が一つになって、楽しい時を過ごしました。

♪最後に横山さんが、
「高齢化する団地の中でこのようなお店を立ち上げボランティアでやっている 皆さんの活動は本当に素晴らしい。心から応援している」との嬉しいお言葉を頂きました。

ありがとうございます。

参加した皆さんも横山さんの元気からパワーをもらった時間でした。

より以前の記事一覧